園の紹介

音楽を通じて人としての成長につなげる

音楽活動に力を入れる当園では、専任講師を中心に、乳・幼児期から音楽の素晴らしさを子どもたちに伝えています。そのため、毎週のカリキュラムにリトミックや楽器演奏を取り入れたり、月末にはミニ音楽会を行っています。
子どもたちには、技術の向上だけではなく、協調性の大切さを伝えたり、達成感を味わい自信に繋がるよう、人としての成長を大切に指導しています。

一人ひとりのサポートを園全体で

少人数での保育を行っており、クラスの垣根を越えて、保育士や子どもたちがまるで”家族”のような一体感があります。しかし、幼児クラスの子どもたちには小学校教育のことを視野に入れ、先生との距離感も大切にしながら接しています。
子どもたち一人ひとりの様子を園全体で把握し、職員全員で全ての子どもの成長をサポートできるようめざしています。

持ち帰り・残業をなくすために

持ち帰りの仕事を軽減するためや残業をなくすために週案や月案などの「書類作成の時間」を勤務時間内に設けています。
職員同士声を掛け合い、順番に職員室で作業を行います。その他、行事の準備なども職員全員で協力し合い、勤務時間内に作業が終わるよう心掛けています。

保育方針

健康ですこやかな子どもを育てます。

相手のことを考え、自分を表現できる子どもを育てます。

音楽を通じ、イメージをふくらませて遊べる子どもを育てます。

TOP